レクサスRXの2wdと4wdの雪道性能を公開!!

sdfd

一括サイトで下取りをしないと損する!

車の下取りというと
直接ディーラーさんに
お願いすることが多いですが、
ネットで一括下取りすると
結構な差が出てしまうことをご存知でしょうか?

ディーラー査定が55万だったのが
一括査定では110万以上の買取額
出るなんていうのもよくあることです。

理由は簡単で
一括査定を行うことで
10社ほどの買取業社が
あなたの愛車を買うために
競い合ってくれるのからです。

寒さを吹き飛ばしてくれる
楽しい遊びってありますよね!!

冬にしかできない
楽しみと言えば
雪山に行ってのスノーボード!!
スノボと言えば雪山!!
雪や山と言えば車!!
雪山を走るとなれば4WD!!

そこで今回はRXの2wdと4wdの比較と、
2wdで走った雪山はどうなのか?

スポンサーリンク

RXの4wdの性能はどこまで
走れちゃうのかを書いていきます
レクサスnxは雪道走行出来る?実際の口コミをご紹介

2wdレクサスrxの雪道走行は危険?口コミ情報

でわでわ本題のRXの2wdの雪道走行ですが、
皆さんはどのような場所に住んでいますか?

雪もあまり降らないような都会なのか?
それとも積雪はそこまで積もらないが
毎年雪の降る町なのか?
はたまた冬になればどうしようもないくらい積もる豪雪地帯なのか?

住んでいる町で乗る車は
変わって来ると思います。

ほとんど雪の降らない場所や
積雪量の少ない町なんかでは天下のレクサスさん!!

走行に関しては問題ないですね。
安心して運転をすることが出来ます。

仮に雪道で滑ってしまったとしても
RXにはVDIM(濡れた路面や雪道などで滑った時に安全走行に戻してくれるシステム)
と言うシステムが有り、
危険と車が判断した時に
機能が働き安全に走らせてくれます。

これは助かりますね(^^)

しかし、過信しすぎは危険です。
天下のレクサスといえど
自然の脅威には勝てません。
冬になれば雪が降ることもあるので
スタットレスタイヤは準備しておきましょう。

これも大切な車を守るためでもあり、
命を落とさない大切な準備です。

もう一度・・・
過信は重大事故に繋がります。

もう一つ心配なのが
今までの車との違いが
ヘッドランプに使われている
電球が最近の技術により
LEDを使われることが増えてきました。

今までの電球は熱を持つことで
雪を溶かしていましたが、
LEDは熱を持つことが少ないので
溶けにくいという話もあります。

その時はこまめに取り除きましょう。

レクサスrxの雪道走行の真相!!

次に今回のお題でもある
4WDでの走行についてみていきましょう。

先ほどのお題での雪が降らない町、
降ってもあまり積もらない町については
2WDでも問題ないと言ってましたが、
豪雪地帯では僕的には少し・・・
結構心配ではあります。

そこでRX4WDの登場です。
レクサスRX200tバージョンL4WDってどうなの?他のグレードとの違いは?
4WDにはスノーモードシステムがあり、
雪道などを走るときには
スノーモードに切り替えて
走行することで
常に4WDの状態にし
後輪にも力が加わり雪道でも
安定した走りをすることが出来ます。

普段の状態はタイヤが
滑り出した時に後輪駆動が始まり
4wdの状態になるのですが、
スノーモードシステムにすることで
常に4WDの状態になり
普段の前輪駆動時よりも
グリップ力が上がり
安心走行材料になります。

このスノーモードで
試せるのが常に
4WDの状態と
スタンバイの状態で
雪道を走った時のグリップ力には
体で体感できるほどの違いがあるみたいで、
雪道をよく走る方には
是非4wdをお勧めです。

しかしホンマにすごいシステムです。w

スノーモードを
スタンバイ状態にしているときは
2wdとさほど差がないみたいです。

後、エンジンをOFFにすることで
スノーモードは解除されるので
エンジンをかけるたびに
スノーモードに切り替える必要があります。

忘れずに切り替えましょう(^^)

ちなみに
4WD(four-wheel drive )は
AWD( all-wheel drive)とも言います。

細かく説明すると
長くなるのですが機能は一緒です。
一番の違いは
世界の国々ではAWDが使われています。
日本でも
最近になって使われるようになってきました。

雪道走行をしてみた口コミ情報

続いては色んな方々の口コミをまとめていきます。

1、日本で雪に強い車はレクサス
2、アイスバーはゆーっくり、ゆ~っくり下るしかない。
3、重量、車高の高いSUVに下りのアイスバーンを車の性能に求めるの間違い。

などなど色んな口コミがありました。

他には
「2WDでも4WDもどちらでも気にならない」
なんかもありました。

そうなんです、
人それぞれ意見がまちまちでした。
あえて一つだけ
皆さん声を揃えて言われているのが
スタットレスタイヤを
履いてゆっくり走り性能だけを
過信してはいけない。
っといわれています。

僕もその通りだと思います。
レクサスrxの450hとは?特徴や性能を簡単に説明!
先ほども言いましたが、
過信は重大事故に繋がります。

レクサスRXと他社の類似車との雪道走行の比較

それではまずは同じレベルの
海外の高級車と比較してみますよ。

ベンツのGLEとBMWのX5では!

まずは大きさから行くと
三社ともさほどの違いはなく
それぞれ5メートル未満で
車幅も2メートル未満高さも
三社ともさほどの変わりはないのですが、

RXとX5の最小半径が5.9メートルですが
GLEは三社の中では5.5メートルと
小回りの利くようにはなっていますね~

次にエンジンですが、
欧州車では
普通になっていますが
クリーンディーゼルを
GLE、X5を採用されています。

RXはレクサス渾身の
ハイブリットを採用と
パワーでは他の二社には
少し劣ってしますのかなと思いますが,
競争するわけでもないので
普段走る分では
変わりはないかと思います。

しかし、この三社で比べると
普通な感じがしますけど、
ボディーの大きさ、
値段もスケールが違いますね(-_-;)

他の日本車でも比較してみましょう~!!

まずは皆さんも
4wdと言えば思い浮かぶのが
スバルのレガシーマツダの
CXシリーズではないでしょうか。

この二社は電子制御の
4WDとあって雪道には強いです。

他の日本車も見てみると、
日産はエクストレイル、
三菱はアウトランダー、
スズキはハスラー
他にも出ていますが

このメーカーの
共通点は
スタンバイ式4WDと
通常の走行はFFで
切り替えボタンを押すことで
4wdに変わる車種となっていますね。

これらの車は基本は
滑ってから安全機能として
4WDに変わったり、
発進、はまってしまったときに
便利機能として重宝しそうですね。

後RXに比べると
値段的にも手が出しやすいですね。

RXの雪道にお勧めのスタットレスタイヤベスト3!!

雪山に行く場合に
絶対必要なのが
スタットレスタイヤです。

スタットレスは
RXや本格4WDに関係なく
必ず装着をしないとダメなです。

高性能の車とはいえ
ノーマルタイヤでは
雪の上や凍結、
アイスバーン上では
必ず滑ってしまい事故に繋がります。

周りの車への多重事故にもつながります。

スタットレスタイヤを
履いていても起こりうることなので
まずは安全運転で
普段よりもスピード控えめで
事故を防ぎましょう。

そして本題のベストスリー!!!

色々と調べていると
ブリヂストンのBLIZZAK DM-V2 が
最新で人気がと評価がいいですね。

価格的には純正のホイールと
タイヤセットで
37万ちょいと
中々のお値段デス。

そして2番目によく見るのが
ダンロップでwinnter maxx sj8で
お値段が29万、

ヨコハマのgeolanderi/t-s g073と
こちらもヨコハマと
値段は同じくらい。

RXは車体が大きい分タイヤも、
ホイールもそれなりに
大きくさすがに
重量があり
自分で交換となると
正直やめておいた方がいいでしょうね。
後安くでも
購入はできるのですが

やっぱりレクサスに
乗っていることもあり
純正のホイール、
タイヤセットを
ディーラーで交換してもらうのが
一番のベストだと思いました。

安価に交換などをして
空気圧の警告灯が付かない、

逆につきっぱなしなどの
事例もあるので
ここはしっかりと見てもらいましょう!!
レクサスRXが欲しい人必見!現役オーナー達の正直な意見まとめ
しかし高級車で
さらには大きな車体となると
それなりの覚悟は
必要ってことなんです!!

まとめ

冬に備えてのことを
色々書いてきましたが、
やっぱり良い車ですね。

レクサスブランドで
しっかりと遊ぶことができ、
安全面でもしっかりっとした
システムがあるのがいいですね。

装備品でも
それぞれにいい値段はしますが
それがレクサスなんじゃないのでしょうか。

そして楽しく遊ぶためにも
準備することはしっかりとして、
交通ルールを守り。
運転に過信せずに
ゆとりのある高級感を持って遊びましょうね。

最後までご覧いただきありがとうございます!!

50万円損しないために!欲しい車を1番お得に安く買う裏技?

・どうしても欲しい車があるけど予算が....
・とにかく最安値で新車をGETしたい!
・一番お得な中古車を探したいけど時間がない..
・変な売り込みをされるのが嫌&怖い....
・値引きしたいけど、そんなことやったことないしな...

などなど、
新車にしろ、中古車にしろ
自分にとって新しい車はとても魅力的...

車が変わるだけで
気分が変わるし周りの反応も
全然違ったりします。

そんな方にオススメの裏技です。

一括サイトで下取りをしないと損する!

車の下取りというと
直接ディーラーさんに
お願いすることが多いですが、
ネットで一括下取りすると
結構な差が出てしまうことをご存知でしょうか?

ディーラー査定が55万だったのが
一括査定では110万以上の買取額
出るなんていうのもよくあることです。

理由は簡単で
一括査定を行うことで
10社ほどの買取業社が
あなたの愛車を買うために
競い合ってくれるのからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクサス,オーナー,物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。