レクサスrx450hの新型!フルモデルチェンジで何が変わった?

レクサスrx,450h,新型

一括サイトで下取りをしないと損する!

車の下取りというと
直接ディーラーさんに
お願いすることが多いですが、
ネットで一括下取りすると
結構な差が出てしまうことをご存知でしょうか?

ディーラー査定が55万だったのが
一括査定では110万以上の買取額
出るなんていうのもよくあることです。

理由は簡単で
一括査定を行うことで
10社ほどの買取業社が
あなたの愛車を買うために
競い合ってくれるのからです。

レクサスRXが
フルモデルチェンジして一段とかっこよくなりました!!

まずは見た目!実際に直接見たのですがデカい!
アメ車並みの大きさがあるのではと思わせるくらいの大きさです。

高級感漂う迫力の外観は
さすがレクサスと思わせるモデルチェンジですね。

以前こんな記事を書きましたね!
レクサスRXのモデルチェンジ最新情報は?歴代情報も!

以前までのrx450hはまだどこかに
ハリアーの面影を感じさせる部分が
残り新型のレクサスrx450hと比べると高級感は落ちています。

しかし!新型ではその部分を
完全に抜け切った高級感に脱帽~w

スポンサーリンク

内装も後期型でも高級感があったのですが、
新型は細部にも拘りを見せつける
現在の利用状況のニーズも対応している最高の出来でした。

そんな新型のレクサスRX450hの
以前のモデルとの違いを細部までお伝えしていきますね!!

口コミなどはこちら!
レクサスRX450hとは?評価や口コミ最新まとめ!

レクサスrx450hの新型公開!

これぞレクサス!外観、内装、性能の
それぞれを詳しく順番に追ってみていきましょう。

書いてる私が情報を
調べてるうちに欲しくなってきました(^’^)
では世界トップレベルの車RX450hをどうぞ!!

レクサスrx,450h,新型

いかがですか?
画像からでもカッコよさが伝わってきます!
実際見に行った時なのですが、
第一印象は何度も言いますがデカい!この一言に限ります。

そんな新型RX450hの皆さん
気になるところの以前のモデルとの違いに迫っていきます

レクサスRXの旧型モデルとの外見の違いは?

まずは,初めにも書きましたがグリルの迫力です。
全体的な大きさのサイズが全長4,890mm(+120mm)
全幅1,895mm(+10mm)
全高1,710mm(+20mm)
ホイールベース2790mm(+50mm)

これだけ変わってます。アメ車に近いサイズの大きさで、
そりゃ~「パッ」と初めて見たときに「でか!」と感じるはずです。

以前まではハリアーのフロント感が残り
SUVと言うよりはセダン的な感じのフロントで、
全体的に丸みを帯びた感じでした。

そしてタイヤとタイヤハウスとの
クリアランスでも隙間があり何か「う~ん(‘;’)」

これだったらホイールを変えたり、エアロを
付け替えたりした方が高級感も出ていいのですが、
純正のままでは年式と迫力にかけるのかなと感じました。

それを、新型ではボンネットの先からバンパーまで
伸びたグリルがまず目に飛び込み迫力を感じます。

そしてヘッドライトはシャープでキリッとした感じで、
大型のグリルを野暮ったく見せずに
シャープなフロントを演出しています!

サイドからの見た目ですが「本当に車高が上がってるの?」って
思うくらいのシャープさがあり。窓でも以前よりもシュッとして、
チョップトップ(屋根を数センチカットすること)したような印象です。

リア周りでは、屋根から窓が斜めに始まり
そこからバンパーまで真下にシュッと落ちてる感じがかっこいい!
テールランプもLEDの効果もあり鮮やかな高級感があります。

ホイールサイズも以前より大きくデザインも
高級感のあるデザインが標準装備。
タイヤハウスとのクリアランスも絶妙な感じで
購入してからでも不満のない感じなんです。

全体的に大きくなってはいるのですが、逆にそれが
ラグジュアリーとスポティーさを演出し
この車で出かけたくなるのは間違いないです!!

では続きまして、これも気になる実際に
見比べたりしないと分かりにくい、内装の違いを迫っていきます。

実際買うなら価格が気になるところ!
レクサスRXの価格は?グレードごとの違いをチェック!

中古なら!
レクサスRXの中古価格は?買う際の注意点は?

レクサスRXの旧型モデルとの内装の違いは?

いきなりですが結構変わってます!

後期型でもレクサスの名に恥じない
高級感と走りを楽しませてくれる運転席、
後部座席でも後ろに乗る人のことを考えられている材質のシート、
ゆったりと長時間座っても疲れにくいようにはなっています。

しかし、新型と比べると楽しいドライブと言うより
移動手段を人よりも良い車でって印象ですが、
新型のrx450hでは運転席と言うよりも
コクピットっていう感じでドライバーが
運転を楽しくワクワク出来るような設計で
シートの高級感とハンドル周りが心をくすぐります。

そのコクピットの周りのメインになるのがインパネ周り、
ラグジュアリー感を出すのに引き立つのがイルミネーション。

運転中には邪魔にならないように暗くなり
パーキングに入れえることで明るくなる
アンビエントイルミネーション採用です。

AC100V・100Wアクセサリーコンセントも標準装備。
そして、現在の象徴としているスマートフォン。

オプションにはなるのですが
置くだけで充電をする、その名も「置くだけ充電」!

後部座席にも拘りを出しているのはもちろんあります。
後部座席にもなんと後席パワーシート
(電動リクライニング&電動格納機能付)をオプションとして装備されます。

細部にまでこだわった材質、装備、使いやすさ、
楽しさ、そして気分を盛り上げてくれるインパネ周り。
高級車を普段の足にしたくなるそんな車です。

ここまで、内装や、外観と目に留まる部分を書いてきましたが、
やはり気になる性能の違いに迫ります。

レクサスRXの旧型モデルとの性能の違いは?

現在の道路事情と言えばさまざまな事がありますが、
一つは新しく増設される道路でどこにでも行けること。
もう一つは増える車。

rx450hの装備はさまざまな変化に対応しています。
ナビゲーションシステムでも安全に
適格ドライブをすることが出来る最新のナビ機能。

急発進、急加速を制御する
ドライブスタートコントロールで衝突時の被害軽減システム。
坂道発進時に後退を抑えたり、
坂道で停車した時にも新システム搭載で
そのセンサーが検知するヒルスタートアシストコントロール。

エンジンは、SUVらしい「力強さ」と
知的な「大人の色気」を兼ね備えることで、
RXのDNAをさらに進化させ排気冷却を強化した
シリンダヘッドなどの最新技術と組み合わせることで
出力性能を向上させると共に、
リッター18とクラストップレベルの低燃費を達成!!

そして、これぞ高級車!!
LEXUSエンブレムに手をかざすと
バックドアが開くタッチレスパワーバックドア初採用!!

モデルチェンジで本当に同じレクサスRXなのかという事を
思わさせるくらいの変わりようですね!
最後に今回のお話しをまとめさせていただきます。

最後まとめ

・見た目が以前のモデルとかなり変化し良くなった!

・性能が世の中の流れを予測するように、計算された性能に進化している!

そんなレクサスは
いったいどこまで進化をしていのでしょうか?

始まりは1989年にアメリカで展開を開始するも
当時の日本車は壊れない庶民的な車としか見られていませんでしたが、
レクサスは高級車としてスタートをしています。

日本国内でのレクサスの歴史は2005年から始まり、
北米仕様を日本の道路事情に変更されたような始まりで、
まだまだ一般的には浸透せず一部の人しか乗っていませんでした。
しかし、そこからレクサスは高級車として
グングンと上り始め今現在にいたります。

現在では高級車として車を乗る人の
ほとんどの人が知っていますが当然値段は張ります。

けど!!
そこがレクサスを乗るステータスではないでしょうか。
最新の技術を組み込んだ世界トップレベルの車。
ドライバーを楽しませ、ドライバー以外の人にも
ラグジュアリーとドライブ中の安全を
確保されている世界最高のこんな車で
何処までも行ってしまうような、行きたくなるような
「レクサスRX450H」でドライブをしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

50万円損しないために!欲しい車を1番お得に安く買う裏技?

・どうしても欲しい車があるけど予算が....
・とにかく最安値で新車をGETしたい!
・一番お得な中古車を探したいけど時間がない..
・変な売り込みをされるのが嫌&怖い....
・値引きしたいけど、そんなことやったことないしな...

などなど、
新車にしろ、中古車にしろ
自分にとって新しい車はとても魅力的...

車が変わるだけで
気分が変わるし周りの反応も
全然違ったりします。

そんな方にオススメの裏技です。

一括サイトで下取りをしないと損する!

車の下取りというと
直接ディーラーさんに
お願いすることが多いですが、
ネットで一括下取りすると
結構な差が出てしまうことをご存知でしょうか?

ディーラー査定が55万だったのが
一括査定では110万以上の買取額
出るなんていうのもよくあることです。

理由は簡単で
一括査定を行うことで
10社ほどの買取業社が
あなたの愛車を買うために
競い合ってくれるのからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクサス,オーナー,物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。